派遣の達人

そもそも人材派遣とは

派遣社員とは、一言で言うならアルバイトでもなく正社員でもないワークスタイルです。現在は、この派遣(ハケン)という働き方もだいぶ定着し、アルバイトより時給が良く、正社員ほど会社に縛られないということで、多くの方がこのワークスタイルを利用しています。

人材派遣の仕組み

「ハケン」はその名前の通り、派遣元と雇用契約を結んだ派遣スタッフが、派遣先企業で働きます。仕事の指示は派遣先の企業が出しますが、給与や保険、福利厚生などは派遣会社が提供します。

この仕組みは、右記のように派遣会社、派遣社員、派遣先の会社の三者から成り立っています。 派遣社員は派遣会社から派遣されて、派遣先の会社で仕事をします。 企業に直接雇用される正社員、契約社員、パート、アルバイトとはこのあたりが違います。

雇用関係が成立するのは、仕事の紹介があり、実際にハケン先での仕事が始まったときです。派遣会社に登録しただけでは雇用関係は成立しません。そして、派遣期間が終了すると同時に、雇用契約も一旦終了となります。

派遣という働き方を選ぶ理由

今では一般的な働き方のひとつとして広く認知された「派遣社員という働き方」ですが、それを選んだ人達はどのような理由でそれを選んだのでしょうか。

その理由として最も多いのは、「勤務時間・勤務地・仕事内容などを選べるから」のようです。正社員であれば、残業(サービス残業も)ありますし、転勤ややりたくない仕事をしなくてはいけないことも多いですから、理由としては良くわかります。

また、その他にも「職場でのわずらわしい人間関係に巻き込まれない」「アルバイトやパートより時給が良い」「経験を積むため」「仕事がたくさんあって選べるから」「正社員の仕事がなかなか決まらないから」など様々な理由があります。

中には、「将来の独立のための人脈づくりのため」という人や「普通ではなかなか就職できない会社に派遣で行って、職場の人から推薦してもらって就職するため」という人もいます。