派遣の達人

派遣で働くメリットとデメリット

比較的自分に合った仕事が選べるのはもちろん、勤務時間や期間などライフスタイルと照らし合わせて仕事を選ぶことができるのが派遣のメリット。逆に、場合によっては正社員と違う部分でデメリットを感じることもありえますので、ここで確認しておきましょう。

派遣で働くメリット

  1. 大企業・一流企業で働ける
    普通ではなかなか働くことができない大企業などで働くことも難しくありません。
  2. 色々な企業や職場を体験できる
    これも派遣のメリットです。色々な企業を見ることはきっとプラスになります。
  3. ライフスタイルに合わせて働ける
    何もフルタイムで働かなくても構いません。週3日でも、1日5時間だけでも自由に希望することができます。
  4. 職種を選べる
    自分のスキルに合った仕事を選べ、希望しない職種につかされることもありません。
  5. 人間関係のわずらわしさが無い
    あくまでも派遣社員は派遣会社の所属ですから、必要以上に職場の人間関係のわずらわしさがありません。
  6. アルバイト・パートに比べて時給が高い
    スキルによっては正社員より良い給料になることもあります。
  7. 派遣会社がサポートしてくれる
    仕事をさがしたり、条件を交渉してくれたり、無料の講習なども受けられます。

派遣で働くデメリット

  1. 契約期間があるので安定しない
    ずっとそこで働きたくても、契約期間が終わると次を探さなくてはいけない。
  2. ボーナスがない
    時給で計算されるのでボーナスはありません。もしかしたら最大のデメリットかも。
  3. 社会的信用度が低い
    アルバイトなどよりは良いでしょうが、一般的に正社員よりは信用度が低いのも事実です。
  4. 責任のある仕事を任せてもらえない
    派遣される職種にもよりますが、高度な意思決定をするような仕事は少ないかもしれません。