派遣の達人

紹介予定派遣とは?

近年注目されているのが紹介予定派遣です。これは、数ヶ月間派遣社員としてハケン先で働いた後、派遣スタッフと企業側が相互に合意した時にその派遣先企業に正社員として就職するというシステムです。 期間は最長6ヶ月ですが、3ヶ月契約が多いようです。

派遣社員は派遣期間中に正社員として働くかどうかを見極め、ハケン先企業は採用するかを判断し、期間終了後に互いにその決定を行ないます。その際、双方どちらからも断ることができます。

互いに短時間の面接では判断できない部分を、時間をかけて判断できるため、転職の際のミスマッチが防げる効果があるといわれており、アメリカを始めとする欧米諸国では“temp to perm(テンプ トゥ パーム)”の名ですでにポピュラーな存在。最近では日本でもこの制度の利用者が年々増えています。

「ゆくゆくは社員に」と思っている方は、紹介予定派遣制度が整っている会社(特に大手は力を入れています)に登録することをオススメします。

紹介予定派遣を希望する理由ベスト5

1位 仕事内容や職場が自分に合うかがわかるから
2位 できるだけ良い会社に入りたいから
3位 正社員になりたいから
4位 直接応募するより確率が高そう
5位 できるだけ長く勤めたいから