派遣の達人

登録時の注意点

登録へ行くときの服装

あまりにもラフな格好は控えて、常識の範囲で清潔な服装で行きましょう。リクルートスーツがあればそれでも構いませんが、そこまで行かなくてもジャケットを着ていくなど、社会人として恥ずかしくないような服装を心がけましょう。

コーディネーターとの面談

就職面接とは違いますから、必要以上に緊張することはありません。あくまでも派遣会社に登録するためだけのものです。これは、登録者の人柄を確認することと、登録者の希望を聞くために行われるものです。

人柄のチェックといっても、派遣先に紹介するにあたって、あまりにも人柄に問題があってはいけないので、確認するだけですから、普通であれば問題ありません。

また、自分の希望はしっかりと伝えるようにしましょう。どんな仕事をやりたいか、勤務先はどのあたりが良いか。時給はいくら以上が良いなども、希望があれば伝えましょう。

スキルチェック

本登録の際に、一般常識とパソコンなどのスキルチェック(通常はWordとExcel)が行われることが多いです。むずかしいテストではありませんが、私も本登録の際パソコンが全くできなかったので、「ワード」と「エクセル」は軽くでも触ってから行ったほうが良いと思います。ただし、パソコンが全くできなかった私も無事登録されました。